出版物訂正案内

輸出管理品目ガイダンス

 先端材料関連
 化学製剤原料関連
 核・原子力関連資機材
 材料加工
 センサー・レーザー・航法
 輸出管理のための」 よくわかる生物・化学兵器関連資機材の基礎知識

 


先端材料関連

「輸出管理品目ガイダンス<先端材料関連>2019」(第15版)の訂正(2019.6.17)

<訂正箇所>
◇92ページ(訂正版)
上から3行目
 (誤) 「シクロ-1,3,5,7-テトラメチレン-2,4,6,8-テトラニトラミン」 
 (正) 「シクロ-1,3,5-トリメチレン-2,4,6-トリニトラミン」

上から4行目
 (誤) 「Research & Development Explosive」
 (正) 「Research Department Explosive」


化学製剤原料関連

「輸出管理品目ガイダンス<化学製剤原料関連>2017」(第9版)の訂正 (2019.5.23)

<訂正箇所:>
◇165ページ(訂正版)
●上から3行目〜4行目迄を以下訂正(平成30年度政省令改正内容を反映)
(訂正前)
N・N−ジアルキルアミノエタン−2−チオール(アルキル基の炭素数が3以下であるものに限る。)及びそのプロトン化塩類 

(訂正後)
N・N−ジアルキルアミノエタン−2−チオール(アルキル基の炭素数が3以下であるものに限り、2−ジイソプロピルアミノエタンチオール及び2−ジイソプロピルアミノエタンチオール塩酸塩を含む。)及びそのプロトン化塩類   

<訂正箇所:>
◇90ページ(訂正版)
●下から8行目〜9行目迄を以下訂正(理由:誤記)
(誤)
CWC Schedule 2 B. Precursors 
  (正)
CWC Schedule 2 A. Toxic Chemicals  

<訂正箇所:>
◇91ページ(訂正版)
●下から7行目〜8行目迄を以下訂正(理由:誤記)
(誤)
CWC Schedule 2 B. Precursors 
  (正)
CWC Schedule 2 A. Toxic Chemicals  

<訂正箇所:>
◇92ページ(訂正版)
●下から7行目〜8行目迄を以下訂正(理由:誤記)
(誤)
CWC Schedule 2 B. Precursors 
  (正)
CWC Schedule 2 A. Toxic Chemicals 

<訂正箇所:>
◇93ページ(訂正版)
●下から7行目〜8行目迄を以下訂正(理由:誤記)
(誤)
CWC Schedule 2 B. Precursors 
  (正)
CWC Schedule 2 A. Toxic Chemicals 

<訂正箇所:>
◇94ページ(訂正版)
●下から8行目〜9行目迄を以下訂正(理由:誤記)
(誤)
CWC Schedule 3 B. Precursors 
  (正)
CWC Schedule 3 A. Toxic Chemicals 

<訂正箇所:>
◇95ページ(訂正版)
●下から7行目〜8行目迄を以下訂正(理由:誤記)
(誤)
CWC Schedule 3 B. Precursors 
  (正)
CWC Schedule 3 A. Toxic Chemicals 

<訂正箇所:>
◇96ページ(訂正版)
●下から7行目〜8行目迄を以下訂正(理由:誤記)
(誤)
CWC Schedule 3 B. Precursors 
  (正)
CWC Schedule 3 A. Toxic Chemicals 

<訂正箇所:>
◇97ページ(訂正版)
●下から7行目〜8行目迄を以下訂正(理由:誤記)
(誤)
CWC Schedule 3 B. Precursors 
  (正)
CWC Schedule 3 A. Toxic Chemicals 

<訂正箇所:>
◇171ページ(訂正版)
●下から8行目を以下訂正(平成30年度政省令改正内容を反映)
(改正前)
貨物等省令 第2条第1項第三項 カ 運用通達(解釈)3
  (改正後)
貨物等省令 第2条第1項第三項 カ 

 

<訂正箇所:>
◇172ページ(訂正版)
●下から11行目、AG No.と名称を追加(最新のAG List改正内容を反映)
(改正前)

(改正後)
65 N, N-Diisopropylaminoethanethiol Hydrochloride


核・原子力関連資機材

「輸出管理品目ガイダンス<核・原子力関連資機材>2017」(第9版)の訂正 (2019.4.12)

<訂正箇所:>
◇190ページ(訂正版
≪注意事項(Q&A含む)≫ 
 (誤)4の項(14)<省令3条十六号> 
 (正)4の項(15)<省令3条十六号>

 (誤)4の項(14)が最優先
 (正)4の項(15)が最優先

 

材料加工

「輸出管理品目ガイダンス<材料加工>2017」(第13版)の訂正 (2017.07.03)

<訂正箇所>

◇88ページ (訂正版
 3.2.2 (9)「光学仕上げ工作機械」の6行目「ハ」の記述を以下の通り訂正
 ハ 輪郭制御軸数が3以上 (誤)
        ↓
 ハ 輪郭制御軸数が4以上 (正)

 



センサー・レーザー・航法

「輸出管理品目ガイダンス<センサー・レーザー・航法>第12版2017年4月」(17.05.10)

◇訂正ページ:149ページ、151ページ、158ページ

<訂正箇所:>
◇149ページ(訂正版
●[政令]:上から3行目 「及び12」の文言を削除
●[省令]第9条第八号:上から2行目 「(第11条に該当するものを除く。)」の文言を削除

◇151ページ (訂正版
[左枠内]
●「貨物等省令第9条第八号ロ(七)中のビデオカメラ」 の下枠内に以下文言を追記
 ・「貨物等省令第9条第八号ロ(七)6中のカメラの被写体追跡データを内部処理し
 て画像情報に注記できる機能を有するもの」
 ・「スマートフォン、コンパクトデジタルビデオカメラ(ビデオ機能を有するデジタルカメラを
 含む。)等の民生用のものを除く。」

◇158ページ (訂正版
●上から3行目〜10行目迄を以下の文言に変更
「<省令9条八号ロ(七)>に関して、最近の民生用のデジタルカメラ(一眼レフの高級機からコンパクトな普及機を含め)やスマートフォンなどは、連写やビデオ機能を備えており、解像度が1,200万画素を超えているものが多い。これらについては2016年の運用通達改正で、『貨物等省令第9条第八号ロ(七)6中のカメラの被写体追跡データを内部処理して画像情報に注記できる機能を有するもの』の解釈として『スマートフォン、コンパクトデジタルビデオカメラ(ビデオ機能を有するデジタルカメラを含む。)等の民生用のものを除く』が追加され、規制の対象から外れることが明確化された。」

●上から13行目〜15行目
≪注意事項(Q&A含む)≫ から、以下の文言を削除
「<省令11条四号ホ>及び<省令11条五号>」
                


輸出管理のための よくわかる生物・化学兵器関連資機材の基礎知識

輸出管理のための大量破壊兵器解説シリーズ5
「輸出管理のための よくわかる生物・化学兵器関連資機材の基礎知識」
(12.02.01)

<訂正箇所> 
  11ページ 上から7行目
 163ページ 表2−19 オーストラリア・グループ(A・G)素材一覧表記 
 167ページ 表2−23 オーストラリア・グループ(A・G)素材一覧表記
 170ページ ベンジル酸メチル 化学構造式
 171ページ 表2−29 オーストラリア・グループ(A・G)素材一覧表記
 191ページ イロハの付け替え

 訂正内容(PDF) 
 訂正版PDF 163ページ 173ページ